リアップで頭皮の退行STOP|注意を守って副作用を防ぐ

スマイル

薄毛対策にミノキシジル

薄毛

ミノキシジルとは

日本で販売されている大衆市販薬の発毛剤として知られるのが大正製薬で販売されているリアップです。リアップのアメリカで販売されている発毛剤ロゲインの日本版であり、その有効成分にはミノキシジルが含まれています。ミノキシジルは、もともと経口の血圧降下剤として開発された薬であり、1970年代後半から利用されてきました。しかし、ミノキシジルには副作用として多毛症があり、この副作用を研究して開発されたのが発毛剤のロゲインになります。ロゲインでは内服薬ではなく外用薬として利用し、その成分を留まらせることで発毛を促すというもので1990年代にアメリカで販売されます。その後1999年に大正製薬からリアップとして日本での販売が開始され現在に至ります。

使用上の注意

リアップを含めたミノキシジルには、副作用から生まれた薬ということもあり、本来の作用とは異なる副作用が出る可能性が高いものになります。このため使用上の注意を守った上で行う必要があります。副作用として多いもののうちミノキシジルの成分が理由で発症する可能性があるものとしては、低血圧があります。これは用法用量を守っている限りは、出ることのない副作用とされますが、皮膚が日焼けしている場合や代謝の個人差などから吸収率が異なるため注意が必要です。また反対に効果が出すぎて多毛症になるといったケースもあります。なお、リアップで多い副作用としては、ミノキシジルによるものではなく基剤成分であるプロピレングリコールに対するアレルギー反応があり、使用後のかゆみの原因になります。

フィンペシアで薄毛を改善

育毛

薄毛対策にはフィンペシアをお勧めします。フィンペシアには抜け毛を抑える働きがあり、利用者のほとんどが実感しているほどの高い薄毛対策効果を得ることが出来ます。そして、発毛作用を持つミノキシジルと組み合わせることにより、さらに高い効果を得ることが出来ます。

薄毛の治療の全般的な話

男性

薄毛治療には幅広い種類の治療方法があるので、その特徴を見極めることが大切です。治療方法の一つである増毛剤を使ったものは、種類に幅があり、成分や効能にも幅があるので、副作用等自己判断をちゃんとして、薄毛治療と向き合うことが大事です。

髪の毛の悩みは皆同じ

笑顔

髪の毛の悩みは海外でも、また男女を問わず皆同じです。薄毛が気になり出したら、しっかりと原因を調べることが大切です。ですから、まずはネットで病院を探してみましょう。薄毛の原因は男女で違っていることが多いのですが、共通して育毛剤の効果が期待できる場合がありますから、ネットで情報収集をしてみましょう。